SYNC SO GOOD !

外二と外枝

 カリスマ棟梁・中村外二(そとじ)さんの奥さんは外枝(そとえ)さんだそうです。
外二って名前がすでに珍しいのに、外枝さんって!ものすごい運命を感じます。

 
 木取りをする 故・中村外二棟梁 かっこ良すぎます。
 ※木取り:原木丸太から、木の木目や状態を考慮しながら、
      どの位置でどのような部材を取るか決める作業です。
      中村棟梁は製材は買わず、すべて原木を買って自分の手で
      製材していたそうです。

2007.02.10 Saturday
BLOG


 1/17のブログにも書きましたが、事務所には4つのグリーンがあります。
4は日本では縁起が良くないですが、これ以上置き場所がないので
デスクトップの壁紙に5つ目の木を植えています。
 数字を扱う仕事でもあるので、図面上の寸法とかでも
さりげなく数字は気にしています。
 あえて口には出しませんが、なんとなく気分がいいので。
 数字の持つ美しさとかバランス感覚に対して、
日本人は特に感受性が豊かな気がします。

2007.02.09 Friday
BLOG
人の不幸は蜜の味

 このブログを始めて、ちょうど一ヶ月を迎えました。
 まだ竣工物件もなく、立ち上がったばかりの設計事務所のブログを
ありがたい事に毎日40~50人の方が見てくださっています。
  
 日によって大分ばらつきがありますが、昨日のブログは反響がすごくて、
平均の2.5倍の100人超えです。嬉しいやら悲しいやら・・・。
 人の不幸は蜜の味とはよく言ったものですね。

2007.02.08 Thursday
BLOG
用の美


 今朝からやっちゃいました。最悪です・・・。
 使えない30分の砂時計をあえて使ってやろうと思い、
やたらとひっくり返していましたが、やっちゃいました。
 この砂が落ちるまでに、ここまで図面を書こうとか
ブログを書こうとか、結構使えるなーと思っていた矢先です。
 一見、使い勝手よりデザイン重視の物でも、あえてガンガン使う事で
「用の美」にしてやろうと思っていましたが、やっぱり無理でした。
 僕には縁がなかったようですね。まだ机の上がザラつきます。
 
 「SI time」SELETTI 享年 3日

2007.02.07 Wednesday
BLOG
原点に帰る

 一つのプロジェクトをまとめるのには、大変な労力を要します。
そこには沢山の人が関わり、お互い色んな意見をぶつけるわけですが、
みんなの意見を全て汲み取ったものが最高なものとは限りません。
 色んな人の意見を聞くことで、結局何がしたかったのか分からなくなり、
でき上がりがあいまいなものになってしまう気がします。
 そんな時、原点に立ち帰り、一番最初にこんなのが作りたい!と
燃えていた時を思い出します。本当は何がしたかったのかを思い出すと、
その為に必要な事が明確になり、とても気持ちが楽になります。
 設計は決め事の連続です。迷った時、いつもこうしています。

2007.02.06 Tuesday
BLOG